詩人・福田拓也(前三田文学編集長)のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 三田文学冬季号、保坂和志さんの小説について

<<   作成日時 : 2017/02/06 20:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

『未明の闘争』の保坂和志さんは、現代日本でプルーストをやりました。そんな尊敬する文学者の保坂さんに三田文学の新米編集長として恐る恐る小説の原稿依頼をしました。頂いたのが、三田文学冬季号に載った「ある講演原稿」です。アンドレ・ブルトンをも思わせるエクリチュールの意想外の逸脱と展開!凄い作品を頂いて、これはぜひ保坂特集で行こうと考えたのです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
三田文学冬季号、保坂和志さんの小説について 詩人・福田拓也(前三田文学編集長)のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる