詩人・福田拓也(前三田文学編集長)のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 三田文学、目取真俊さんの連載について

<<   作成日時 : 2017/03/14 17:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 三田文学、目取真俊氏の連載「やんばるの深き森と海より」も素晴らしい。国家による暴力にさらされる語る身体、語ろうとする身体であるという点で目取真氏は今日的な文学の問題を体現している。語る自由、語ろうとする身体の自由に関わるという点で、沖縄の問題は文学の問題でもある。
 語る自由、語ろうとする身体の自由に関わるという点で、沖縄の問題は文学の問題でもあるという視点から、三田文学編集長であった1年間に、目取真さんの拘束、「土人」発言など沖縄の出来事に反応するように努めました。目取真さんに連載をお願いしたのも、そのような考えからでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
三田文学、目取真俊さんの連載について 詩人・福田拓也(前三田文学編集長)のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる