詩人・福田拓也(前三田文学編集長)のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 三田文学2017年春季号の小説と評論について

<<   作成日時 : 2017/03/14 16:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 三田文学今年の春季号の小説の原稿依頼もすべて私がやりました。4人の作家のうち三田文学としては異例の芥川賞作家3人! もうお一方も凄い方です! 非常にレベルの高い小説が並ぶはずです。既成の小説の概念を打ち破るような作品が集まると思います。御期待下さい!
 三田文学2017年春季号は、三田文学には珍しく著名な小説家4名の方にお願いしました。ある芥川賞作家の方には、二人の男女の密室でのやり取りをモーリス・ブランショ風に、とお願いしました。また、別の芥川賞作家の方は、基本的に一つの文で小説を書く予定であると仰有いました。御期待下さい!
 三田文学2017年春季号、評論も充実!の予定です。唯識の権威、竹村牧男先生の空海論に加え、昨年亡くなった詩人永島卓についての論考、そして新鋭による高橋源一郎論です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
三田文学2017年春季号の小説と評論について 詩人・福田拓也(前三田文学編集長)のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる