詩人・福田拓也(前三田文学編集長)のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 関根謙編集長の三田文学、その後の展開 2

<<   作成日時 : 2017/04/29 12:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


 吉増剛造さんによれば、関根謙三田文学編集長は、このままだと火がついて大変なことになり、三田文学の名に傷がつくことを危惧しているという。しかし、関根謙三田文学編集長自身が唐突かつ強引な編集長交代によって三田文学を餌場とする三田文学会理事たちの間での利益供与の体制を確立したことで既に三田文学の名は傷ついている。関根三田文学の本質が「三田文学会理事たちの利益供与・利益分配のシステム、あるいはそれを目的として機能するシステム」でしかないものとなったことで三田文学の名は既に傷ついている。そして、この事態の責任は、私を三田文学編集長に任命し私の続投を主張していた吉増さんにではなく、100%関根謙編集長に帰せられるべきである。
 関根謙編集長がやるべきは、吉増さんに責任転嫁することでもなく、私の敬愛する吉増さんを動かして私を黙らせるなどという姑息かつ卑劣な手段に訴えることでもなく、私に批判されないような誌面作りをそれこそ命がけで死力を尽くして目指すことのみであろう。
 自身の著作を書評対象とすることによって自身の著作の宣伝に三田文学を利用したり、三田文学会理事やその周辺の人物たちに執筆機会を分配するようではお話にならない。関根謙三田文学編集長のそのような編集態度と吉増理事長の意思に反する強引な編集長交代こそが、今の三田文学の窮境を引き起こしたことを関根謙編集長ははっきり自覚し、逆風の中必死で良い誌面作りに励むべきだ。責任転嫁しつつ私を黙らせようと画策することなど、何の解決策にもならないし、三田文学のプラスにもなりはしない。
 関根謙編集長は、自身の保身を考えるのではなく、三田文学のことを真剣に考えるべきだ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
関根謙編集長の三田文学、その後の展開 2 詩人・福田拓也(前三田文学編集長)のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる